ケーブルライン工事方法(ケーブルライン)

ケーブルラインの工事方法についてご案内します。

標準工事について

工事時間の目安

1時間~1時間30分程度

施設の所有区分について

V-ONUまでの引込部分はCACの所有となります。テレビ宅内配線はお客様の所有となります。

ケーブルライン用端末(WMTA)は貸与品です。休止・解約の際はCACに返却していただきます。故意に分解、破損または紛失した場合は有償となりますのでご注意ください。

注意事項

  • ※ 一戸建て住宅の場合です(配線図は一例です。)。
  • ※ アパート・マンション等の集合住宅は、工事方法が異なります。
  • ※ 弊社サービスエリア内においても立地・建物の条件および弊社都合等により、サービスが提供できない場合や提供までに時間がかかる場合があります。
  • ※ 宅内標準工事は、ケーブルライン専用線の長さが1.5m以内です。標準工事の内容を超える工事が必要な場合は別途料金が必要です。
  • ※ 穴あけ工事を希望されない場合は、別途ご相談の上、見積り工事となります。

配線図

クリックで拡大されます

▼ CAC-TV加入者(CAC-NET未加入者)の場合

軒先に取り付けたV-ONUから通信専用線(インターネット専用線)を配線し、D-ONUを設置します。
D-ONUからケーブルライン専用線を配線し、ケーブルライン用端末(WMTA)を設置します(基本的には単独露出配線となります。)。
通信専用線(インターネット専用線)を入線する際はエアコン穴や空配管等の既存の穴を利用しますが、 既存の穴が利用できない場合、穴あけ工事が必要となることがあります。詳しい工事方法について当日ご相談させていただきます。

▼ CAC-TV加入者(CAC-NET加入済み)の場合

D-ONUからケーブルライン用専用線を配線し、ケーブルライン用端末(WMTA)を設置します(基本的には単独露出配線となります。)。

ケーブルライン用端末

ケーブルライン端末(WMTA)製品写真

ケーブルラインご契約の際に貸し出されるケーブルライン用端末(WMTA)の写真です。

  • ※ ケーブルライン用端末(WMTA)は、貸与物品となっております。絶対に分解等しないでください。故意に分解、破損させてしまった場合や紛失の場合は有償となります。また、解約時には、CACにお返しいただきます
このページの先頭へ